放射線治療はがん治療の基本|効果の高い治療方法です

新たな治療法と対処

病院

放射線治療は、がん細胞に放射線を当てて攻撃するという治療法です。がん細胞と正常な細胞とは放射線に対する抵抗力に差があり、その違いを利用した治療法なのですが、大量に当ててしまうと、そのメリットが生かせないため、治療期間が長くなることと、長期にわたって治療すると負担が蓄積するのがデメリットでした。しかし現在ではそんなデメリットを解消した新しい放射線治療が確立されています。それが粒子線治療です。粒子線治療には重粒子線治療と、陽粒子線治療がありますが、日本ではまだ広く知られていないのが現状です。とある病院はこの両方の粒子線治療が受けられる世界初の施設で、この治療を受けようと様々な地域から患者さんが訪れます。また、この治療法を広げるための様々な活動も行っています。

放射線治療は比較的体に負担の少ない治療法ではありますが、それでもいくつかの副作用が現れる場合があります。そんな場合の対処法を知っておくことでより安心して治療を受けることが可能です。放射線は正常な細胞にも少なからずダメージを与えます。それは放射線が当たっている皮膚においても例外ではありません。そのため特に長期にわたって放射線治療を受けていると、皮膚にいくつかの症状が現れる場合があります。まず、放射線を当てた皮膚は刺激に弱くなっています。そのため、強くこすったりしないようにしましょう。冷たい水や熱いお湯に当てないようにし、洗う時も人肌くらいのぬるま湯で洗うようにしましょう。また、紫外線も刺激になるので、治療を受けた皮膚は直接日航が当たらないようにします。

症状の改善と再発予防

看護師

メニエール病の症状改善には、水分摂取療法が効果的であると言われています。毎日目安摂取量の水分を摂り、日常生活で気を付けるべき習慣を避けることでめまいや難聴などの症状を改善させることが出来ると言われています。

もっと知ろう

子供のガンとは

親子

悪性リンパ腫は、子供のかかるガンの一割を占めています。初期症状はほとんどなく進行すると神経や内臓などを圧迫して痛みが起こります。治療は放射線照射よりも抗がん剤を使った化学療法が主になります。脱毛などの副作用によるショックも大きいので周りのサポートが大切です。

もっと知ろう

子供の病気のことは

子供

子供の健康維持のためには、病気になったら素早く治療していくことが大事です。伊丹でそのために良いところを探しているのならば、伊丹の小児科を利用してみることをオススメします。治療や予防接種が必要な時にも、スムーズに対処してもらうことができて安心です。

もっと知ろう